FANDOM


This article is a Article stub that needs improvement.
You can help the Duel Masters Wiki by editing it.
Under Evolution Creature
進化クリーチャーの下
(Shinka Kurīchā no Shita)
Japanese Wiki: 4793

Under Evolution Creature is a term used as an unofficial zone.

Details

バトルゾーンにある(進化)クリーチャーの下のこと。バトルゾーンにクリーチャーとして存在するカードの下には別のカードが置かれうる。

この領域はバトルゾーンやマナゾーンのようなゾーンとは異なる。 他の進化クリーチャー下を参照する場合にこの表現が用いられ、自身の下を参照する場合は「このクリーチャーの下」と書かれる。 「進化元」と呼ばれることもあるが、こちらは場所を差し、進化元はカードを差す。

進化クリーチャー(オブジェクト)は一番上の進化クリーチャー(カード)の特性しか持たない。なので、結果的にここにあるカード(=進化元)の特性は無視される。

進化元はオブジェクトの構成要素であり、オブジェクトそのものではない 。そのため、進化元と進化クリーチャー(カード)を合わせて1つのオブジェクトとしてカウントされる。

ここにあるカード(=進化元)を参照するのはメテオバーンや《死神アトミック・デストロイヤー》の能力のような特殊な場合に限定される。

[[]]
/


[[]]
/


[[]]
/


[[]]
/


オブジェクトは進化元の特性を持たないので、進化元が進化クリーチャーともども他のゾーンに置かれた場合、「バトルゾーンから離れた時」という能力は一番上の進化クリーチャー(カード)のものしか誘発しない。 また、破壊効果はクリーチャー・オブジェクトに対して適用されるので、進化元は破壊されたという扱いにならない。 例:上記の《霊騎幻獣コライオン》は「墓地に置かれた」とされるが「破壊」とはならない。

進化クリーチャーが登場した当初は、「進化クリーチャーがバトルゾーンを離れるとき、その下のカードは同じ場所に移動する」「何らかの方法で進化クリーチャーの下のカードが墓地に置かれた場合、一番上のカードも破壊される」などのルールだけであったが、《太陽王ソウル・フェニックス》の登場や、不死鳥編、神化編の進化クリーチャーをサポートする新システムの登場などによって、進化クリーチャーの下に関する考え方はどんどん変わっていった。

また、進化クリーチャーの下からクリーチャーを出す場合や、一番上のクリーチャーをバトルゾーンから離して、進化クリーチャーの下にあったクリーチャーをバトルゾーンに並べる場合なども挙動が特殊なので注意。(→進化クリーチャー)

進化クリーチャー(オブジェクト)の一番上の進化クリーチャー(カード)が移動した場合(《太陽王ソウル・フェニックス》)や進化元が進化クリーチャー(オブジェクト)から独立して別のオブジェクトになった場合(《超神星ジュピター・キングエンパイア》《超神星イクシオン・バーニングレイブ》)、ゾーンを移動しているわけではないのでcip能力は誘発しない。